tamotsu kondo.com
ICF institute of contemporary fashion

プロフィール

ドレーピング

ワークショップ

news

ドレーピング用ボディ "spur"

"spur" 開発プロセス

Gallery

impressum

 

spur

近藤 保

 

 

略歴

文化服装学院ファッションデザイン科を卒業

1988 - 1994 ドイツハンブルクに拠点を置く日本人デザイナー「YUCA」のデザイナー、パタンナーとして働く

1995 ハンブルク芸術大学ファッション科 客員教授

2003から今日まで 名古屋学芸大学ファッション科 客員教授

2003から今日まで 京都造形大学ファッション科 客員教授

2009から今日まで ベルリンファッション大学AMD Akademie Mode & Design ファッションデザイン科教授

2009 裁断ボディ「spur」開発、販売開始

 

これまで講義を行ってきた学校

ドイツ・プフォルツハイム大学

ドイツ・ベルリン工科経済大学

ドイツ・ブレーメン芸術大学

ドイツ・ハノーバー大学

ドイツ・ハノーバー芸術大学

ドイツ・アルプシュタット大学

ドイツ・ドレスデン芸術大学

ドイツ・ベルリンヴァイセンゼー大学

ドイツ・ファッション大学 AMD
-ハンブルク校
-デュッセルドルフ校
-ミュンヘン校

OSZベルリン服飾学校

トリーア大学

公立シュツットガルト服飾学校

 

特別セミナー

1995 - 1998, 2004, 2009 „PENTIMENT サマースクール"  ハンブルク大学

1996 "EXPO 2000 ハノーバー" ハノーバー万博ワークショップ ハノーバー大学

1998 3次元CADプログラム開発 "IMBIS"  ブレーメン大学 Dr. Roediger

2010 サンクトペテルスブルク artfuture-school ドレーピングセミナー

2009 HUGO BOSS 社員教育セミナー

 

著書

1999 "Textilarbeit und Unterricht" ISSN 0342-7358 S.147 Titel: Plastischesgestalten mit Stoff 

2000 "Rundschau" vom 03/2000 S.36 Titel: Das Modellieren an der Schneiderbüste