tamotsu kondo.com
ICF institute of contemporary fashion

プロフィール

ドレーピング

ワークショップ

news

ドレーピング用ボディ "spur"

"spur" 開発プロセス

Gallery

impressum

 

spur

spur - Entwickelung

about "spur"

spur 36 and 38

supr men 48

spur men torso 48

spur 36 - 1/2

ボディ用付属品

KIIYA - Japan

価格表 ドイツ用 (PDF)

パンフレット 英語版 (PDF)

近藤が長年にわたって集めたヨーロッパ人女性の体験研究データをもとに日本のボディメーカー「キイヤ」がその制作を行った。ヨーロッパにおける生のデータと日本の職人技とういうべき技術が融合し、新しい裁断ボディが出来上がったのである。

多様な人種が共存するヨーロッパでは標準体型を絞ることが難しい。プロダクトデザインにおける人体工学とファッションプロポーションの間には大きな差があり、服作りのための体型研究は今日までほとんど行われてこなかった。裁断ボディとは人をコピーするマネキンとは違い、服を合理的に作り出すための道具であり、アイデアを導き出すミューズでもある。ボディ開発にはファッションデザイナーの視点が不可欠である。